劣悪サイトの見抜き方

出会い系サイトには、優良なサイトと悪質なサイトが存在しています。
残念ながら、出会い系サイト誕生当初から生き残っているようなサイトは限られています。
この情報化社会で、ある程度に情報は早く入手することが出来るものの、劣悪サイトが手を変え品を変えて、ユーザーを騙しているというのが現状です。
ここでは悪質サイトの見抜き方について紹介していきましょう。

利用料金をチェックすること

まずチェックすべきなのは、利用規約です。
劣悪サイトは、利用料金を曖昧にし、誤魔化していることが多いです。
まともなサイトでは、利用規約にアクション毎に掛かる料金表のようなものをしっかりと明記しているものです。
ポイントがなくなった場合、勝手にポイントが加算されてしまうようなシステムを採用している劣悪サイトもあるのです。
完全無料といっているのに、なぜだかポイントが表示されていて、アクションを起こすとポイントが減っていく。
こういったサイトには登録しないようにしましょう。

後払い制は危険

全ての後払い制を採用しているサイトが危険とは言いませんが、後払いを採用しているサイトは、ほぼほぼ危険です。
特にその中でも、支払期日までにお支払いがされていない場合には、債権回収会社に料金の徴収を代行してもらいますといったような文言が書かれている場合は、かなり危険ですから、絶対に登録しないようにしましょう。
半グレ紛いの人間が、個人情報を下に取り立てにくる可能性もあるからです。

退会が簡単に出来ないサイト

他にも退会をするのが面倒になっているサイトも劣悪サイトである可能性が高く、おすすめしません。
退会の際にサポートセンターと称するところにメールや連絡を入れ、特別な手続きなどをしないと退会出来ない。
そもそも退会ボタンが会員メニューなどに存在していない。
こういったサイトは、辞めるという意思表示をしても、対応してくれず、退会料などを徴収しようとしたり、個人情報を入手して、それを悪用しようとしたりします。
そもそも登録も退会も自由に出来るというサイトでなければ、真っ当なサイトとして認識してはいけないのです。

利用規約は面倒臭がらず読む

劣悪サイトの見分け方として、ただサイトの外観など見た目の部分で判断することは難しいものです。
ポイントになるのは、利用規約。
ここで怪しいことや、曖昧なことが書かれているサイトは危険です。
ですから、細かな字だったり、とにかく長いということで面倒臭いという感覚があるかもしれませんが、利用規約はしっかりと目を通す癖をつけましょう。